2007/04/16

困った人々〜

広響定期演奏会レポート
広響35周年の幕開け
リストの交響詩『前奏曲』で始まり
待望のショパン 『ピアノ協奏曲第一番』
最後はドボルザークの『交響曲第七番』
指揮はドイツのシェーファーさん
ピアノはロシアのアンナ・マリコヴァさん
夕方から雨が降ったので、客足は伸びなかったみたいだけれど、どの曲も良かったです
特にドボルザークの七番は初めて聞いたけれど、CDでもう一度ゆっくり聞いてみたいです
今回はたっぷり2時間・・アンコールはありませんでした~残念

で・・タイトルの困った人々・・
ドボルザークの演奏中、後ろの席のおじいさん、ずっと手に握ったビニール袋をカシャカシャ・・カシャカシャ・・気になってしまって曲に集中できませんでした
席からいって、たぶん常連さん(取りたくても取れない席なのです)だと思うけれど、マナーは守って欲しいです

もう一人は私の2つ向こうの席のおじいさん(隣2席は空席でした)曲が始まると同時に寝ちゃっているの・・足元もおぼつかないし、顔は赤いし・・明らかに一杯引っ掛けて来てるみたい~
お酒飲むのはいいけれど、度が過ぎるとねぇ~
今回から席が少し前の方になったので、ステージも良く見えるようになりましたが、タブンステージからも見えているだろうなぁ~と思います

| | コメント (0)

2007/04/02

3月の広響定期演奏会

マーラーの交響曲第9番
91人編成だそうで、さすがに音に迫力がありました
前回の「ベト7」の時は、弦楽器が頑張っていたけれど、今回は金管楽器が大変そうでした
人数が多いので、地方で演奏される事は珍しいらしいです

次回は大好きなショパンのピアノコンチェルト1番
楽しみ~♪

| | コメント (0)

2007/02/19

広響のベト7

今月のコンサート
先日 広響の定期演奏会がありました
指揮は 飯森範親さん
川久保賜紀さんバイオリンでプロコフィエフのバイオリン協奏曲2番の後
待望の(?)ベートーベン交響曲7番
やっぱり良かったです
指揮も熱が入っていたし、それにつられてオケも頑張っていました。。
まるで『走り出した列車は止まれない・・』みたいな感じ??
途中ドラマが蘇ってウルウルしてしまった私デス
飯森さん、細い方ですね・・どこにあんなパワーがあるのかしら?
以前は広響の常任だったらしいです
最後にとても懐かしいし嬉しいとの言葉がありました
会場はもっと若い女性が多いのかと思ったのですが、いつもより小学生の家族連れが多いのと、ベト7直前に席に入る人が何人か見受けられました

相変わらず前の席のおじいさんの頭で、肝心の指揮者やソロ奏者が見えなくて無理な姿勢で聞いていました・・後一回で席は替るけれど、次ぎの席の前も男の人みたい・・大丈夫かな?

のだめと言えば。。アニメが広島でも放映が始まりました
一応毎週録画していますが。。やっばり違うんですよ・・
あまりにもドラマが強烈すぎたのか?せめて声だけでもドラマのキャストと同じにしたらいいのに・・と思う今日この頃です
因みに・・のだめ17巻の発売を待っていた私は、連日書店をハシゴしていました(発売日より遅れるんですね・・笑)
写真の のだめは「オーケストラの日(3/31)」のチラシでした

|

2007/01/29

広響第265回定期演奏会

ニルセン:ヘリオス序曲
グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調
ヴィクトー・ベンディクス:交響曲第3番

ピアノはロシアのピアニストユリヤ・チャプリーナ
まだ19歳との事でした
演奏中、なんどもくしゃくしゃになったハンカチで手の汗をぬぐう姿がういういしい~
でも演奏は とっても難しいであろう曲を難なく弾きこなしていました・・憎たらしいくらいに(笑)
この時期は北欧をテーマに組まれる事が多いらしく、デンマークの作曲家ヴィクトー・ペンディクスの交響曲第3番は日本初演らしいです
タカキベーカリー(アンデルセン)の縁もあるのかしらね・・

来月はとうとう『ベートーベン交響曲第7番』です
実は会社の新車を買っていただいた「ご成約プレゼント」に このコンサートのチケットが出ていました
広告代理店が手配したらしいけれど、結構注目されているみたいです

4月からの定期会員をどーするか・・悩みました
大好きなショパンのピアノ協奏曲1番もあるし、
ベトベンの「皇帝」と「英雄」の同時上演もあるし・・
でもほとんどいい席がなくて・・
下期より少し前で取りあえず前期だけ申し込みました
年間通して買うと確かに安いけれど、席を替えてもらいにくいから、良い席が見つかるまで少し時間がかかりそうです

|

2007/01/08

のだめカンタービレBest100

のだめカンタービレ
昨年からはまってしまった『のだめワールド』
自分へのお年玉に奮発して購入してしまいました
原作・ドラマ両方に出てくる主な楽曲を網羅した8枚組CDです
お気に入りは第2楽章しか出てこなかった
ベートーベン ピアノ・ソナタ『悲愴』の第1.3楽章
リストの『鬼火』もはいっています
他にも色々痒い所に手の届く(?)CDかな・・
年末からずっとほとんどTVも見ずにクラッシックを聞いています
朝はピアノの音色を聞いていたら、頭が冴えてくる気がするんだけど・・気のせいかな?笑

余談ですが、ミュウはあまりクラッシックはお好きじゃないみたいで・・
とくに大きな音の響く交響曲なんかは、時々飛び上がっています(笑

|